Ed:{{ model.nft_edition }}/{{ model.max_edition }}

コレクション
{{ user.display_name }}
エディション
Ed. {{ model.nft_edition }}/{{ model.max_edition }}
ファイル形式
NFT購入特典
最果ていきもの学校 漁師編 お魚付き学生証 - 漁師さんから魚が届く!それを見ながら学べるプラン(初回発行分:10枚)

「最果ていきもの学校 漁師編 お魚付き学生証」のNFTは購入することで「最果ていきもの学校 漁師編」の学生証として機能する浮世絵タッチのデジタルアートのほか、以下の特典が得られます。
デジタルアートは、浮世絵の荒々しさ・伝統と、現代の融合。アーティスト emi tanajiによる描き下ろし。

特典1
Zoomで漁師から学ぶ講座を受講できる権利(2024年3〜5月、計3回。60分程度。アーカイブ配信あり)
特典2
魚についてシェアするオンラインコミュニティ「最果ていきもの学校 LINEオープンチャット」に参加できる権利
特典3
オンラインコミュニティで漁師さんに質問できる権利(随時)
特典4
現地を訪れた際に、漁師に会いにいける権利(随時。予約制)
特典5
漁師のとった魚が送られてくる権利(5月上旬予定。1回。一般的に流通しない魚、神経締めの魚、未利用品による加工品など)
最果ていきもの学校 漁師編 講義スケジュール

2024年3〜5月の講座は各回16:00から60分程度を予定しています。(アーカイブ配信あり)
※「漁師体験」は本NFT(最果ていきもの学校 漁師編 お魚付き学生証 - 漁師さんから魚が届く!それを見ながら学べるプラン)の特典には含まれません。

3月24日(日)
第1回オンライン講座 <漁師の仕事を知る回>漁をバーチャル体験&工場から中継(アーカイブあり)
4月14日(日)
第2回オンライン講座 <漁業の現状を知る回>とれるのに捨てられちゃう魚の話+魚を捌いてみる!(アーカイブあり)
5月12日(日)
第3回オンライン講座 <漁師の技術を知る回>魚は、とった後の技術で味が変わる?(アーカイブあり)+卒業式
5月上旬
お魚送付 <講座の内容を食べて実感>
6-8月
漁師体験(細かい日程は参加者とすり合わせ)※このNFTの特典には「漁師体験」は含まれません
全3回 漁師に学ぶ講座内容 詳細
①<漁師の仕事を知る回>漁をバーチャル体験&加工場から中継

波心会の加工場から中継。漁師に案内されるそこは、知らない工夫の目白押し。とれた魚のストレスを軽減する方法をはじめ、漁師の仕事の醍醐味を覗き見る。今朝の漁の様子も動画で紹介。「漁師の仕事は海を守ること」だという波心会の、魚と海との向き合い方を知る。命をかけて毎日海に出る彼らの、ここでしか語られない物語。

②<漁業の現状を知る回>とれるのに捨てられちゃう魚の話+魚を捌いてみる!

知名度の低さや、調理の手間などが理由で、とれても流通に乗せられない魚がいる。未利用魚と呼ばれるそれらの魚は、毎日とられても捨てられていくのが実情だ。未利用魚である「カジカ」を例に取り、その現状と波心会のアプローチを紹介する。
捨てられる魚から「形を変えて販売される魚」に変貌したカジカを通し、漁業の現状に迫る回。
更に、波心会の魚を捌いていく姿を配信。これを見たら、魚を捌けるようになる!

③<漁師の技術を知る回>魚は、とった後の技術で味が変わる?

魚の味は、魚が決めているのではない。実は、捕獲したあとの人間の技術力によって決まっている。雑な処理を行えば味は落ちるし、とびきり丁寧に扱えば高級魚と見劣りしないほど美味しくもなる。魚に対する丁寧な扱いにこだわる波心会の、「血抜き」「神経締め」といった高い技術を生中継。

漁師がとったお魚が自宅に届く

全ての講座が終わった後に、波心会がとった
①未利用魚のカジカ ②丁寧にしめたカレイ ③雑な処理をしたカレイの3種類が送られてくる。
講座を踏まえて魚を感じ、味わったことのない未利用魚や、魚の処理の大事さを痛感することができる。

オンラインコミュニティ(LINEオープンチャット)で行われること

① 次回講座の予告
② 波心会のオンライン商品紹介
③ 門下生内で、魚に関しての情報共有
④ 漁師への質問とその回答
⑤ 月に一回ほどの波心会通信&道東通信

特典利用方法

本NFT購入後、こちらのフォームから、メールアドレス・walletアドレス・お魚送付に必要な情報・購入証明となる情報をご入力ください。

購入の確認が取れ次第、こちらからZoom講座受講用のURL、オンラインコミュニティ(LINEオープンチャット)の招待URLをお送りします。
お魚送付は2024年5月上旬発送予定となりますので、発送までたのしみにお待ち下さい。

「最果ていきもの学校」の目的

北海道の道東で生き物を相手に仕事をしている人たちの活動を知り、道東のゆるやかな隣人が集う場をつくる。

「最果ていきもの学校」設立の背景

北海道は日本随一の観光地でありながら、その行き先は札幌・小樽・旭川といった都市に限定され、特に「道東(北海道の東)」地区は多くの人にとって遠い存在になっています。
しかし、この「最果ていきもの学校」を立ち上げたコワーキングスペースmilkのある中標津町は、道東エリアの中心に位置しながら「羽田から直行便・空港から市街地まで車で5分」といった利便性の高さは実は知られていません。また都市機能が集約された街であり、いまなお100年前の開拓の跡を感じることのできる土地であることもまた、知られていません。

そんな道東の魅力は、兎にも角にも大自然。日本であることを忘れるほどの壮大な自然があり、人々は、絶えず自然と向き合いながら生きています。
この地域には、そんな大自然を相手にする仕事がたくさんあります。しかし、その仕事の様子や大切にしていることなどは、テレビやSNSからはなかなか感じることはできません。もし見つけたとしてもそれは表面的な情報で、本質的な情報は滅多に出てこないのです。
また、こだわりを持って本質的な活動をしている人ほど、不特定多数への情報発信も嫌うものかもしれません。これは、コワーキングスペースmilkが道東で活動する中で感じてきたことのひとつです。

そう、道東には、信頼関係のある「あなたの紹介だったら遊びに来ていいよ」というやりとりでしか生まれない・体験できないものが、溢れています。それを、知って欲しい。味わってほしい。
地域の人もまた、外の人とコミュニケーションをし、アイデアをもらいたい、自分達の仕事を知って欲しいと思っているのです。

道東にまだまだたくさんある、ひょっとするとあまりたくさんの人には知られたくない魅力に、顔の見えたあなたをぜひ案内したい。
道東にしかない魅力への案内役として、コワーキングスペースmikはきっかけを作り続けていきます。

漁師さんから始まる、道東の「いきもの」たちへの道。ここから、スタートします。

本NFTの魅力

①オンラインで道東の漁師とつながり、海という自然や魚の命と向き合う姿勢を学べる。
②漁師から魚が届く(プランによる)
③実際に道東を訪れた際、地域の案内人としてコワーキングスペース「milk」を頼ることができる。
④実際に船に乗って一日漁師体験ができる(プランによる)
⑤魚を捌いた様子やエピソードを、コミュニティ内でシェアできる。
⑥自然と人が共存する漁師のあり方・漁業の未来をともに考えることを通じ、環境問題に貢献できる。

こんなあなたへ

・食べることが好き
・食べものの本当の姿を知りたい
・漁師と会いたい
・新しい土地との出会いを探している
・新しい学び、刺激が好き
・新しい土地のチャレンジに参加してみたい

特典の利用にあたっての注意事項

本NFTをwallet間での送受信で入手した場合や2次流通可能な外部マーケットで入手した場合、特典1-4については、それまでに特典が利用されたか否かを問わず、その時点で発行者が提供可能な権利を得るものとします。ただし、そうした場合は講座やオンラインコミュニティのURLはお手元に届きませんので、お手数をおかけしますが主催者宛にお問い合わせください。
※入手時点で終了しているZoom講座のリアルタイム参加はできません。(アーカイブ視聴は可能)

特典5のお魚送付については、1NFTにつき1回限り利用が可能です。すでに特典5を利用されている(お魚が発送されている)NFTを、wallet間での送受信や2次流通可能な外部マーケットで入手した場合、この特典を利用することはできません。

発行情報
コントラクトID
{{ model.nft_contract_id }}
ブロックチェーン
{{model.nft_network_name}}
プロパティ
NAKASHIBETSU
FISH
SAGOJO
COLLABORATOR
特記事項

Collection